お問い合わせ アクセスマップ

ころりん村幼児園

ホーム
園長よりご挨拶
ころりんの理念
ころりんの1日
ころりんの四季
写真集
保育の広場
入園の案内
ころりんQA
お母さんたちの声
交通案内
がんばろう東北
お母さんたちの声
平成28年度

ころりんってこんなとこ

ころりんてあたたかい場所です!

職員のみなさんの子ども達への眼差しが優しくてあたたかいんです!

子どもそれぞれのありのままの姿を受け止め 子どもの気持ちをとても大切にしてくれる。この言葉ってよく聞くけど実際日々の生活の中でそれがどれだけできるかっていうと…なかなか難しいんですよね…。でもころりんに入ってありのままの子どもの姿を受け止めることを教えてもらって子育てが より楽しくもなったんです!! 子どもの土台ができる大事な時期にころりんに出逢えて本当に良かった! そんなステキな所なんです。

子供達が子供時代を子供らしく生きられること当たり前のようで、失われつつあること…
子供達が子供時代を子供らしく生きられること

ころりんはそれが保障された、貴重な園です。

子供達が天真爛漫に過ごす日々は、実はとてつもなく大切な作業の真っ最中!! 自分の人生を自分らしく生ききるために、無意識で自らの生命力を強く太くしている時なのだろうと思います。

その尊い時間を妨げず、一人ひとりの個性を大切にしながら、子供達の『今』と『心』を満たしてくれるのがころりんです。

その積み重ねによって、自然な形で次の未来を歩んでいく力が本人の中に生まれてくるので、親も『子供の力を信じて、待つ』で大丈夫なんだと、思えるようになります。子供をサポートする上での、心からの安心感に出会えます!

◇◇◇まだころりんを訪れたことがない方へ◇◇◇

自然に囲まれた園舎、子供達の目の輝き、

心の通う温かい先生方、ゆったりとした時の流れ…

生のころりんを肌で感じてみませんか? ころりんでは、説明会・園庭開放の他、見学も随時受け付けています!

かわいいヤギさん(おもちちゃん)も待っていますよー♪ かわいいヤギさん(おもちちゃん)も待っていますよー♪

上の子が今年の4月から小学校にあがりました。環境の変化に、不安や緊張もある様ですが、それでも毎日1人で学校まで登校していっています。

今、長男が学校で給食がおいしい、勉強が楽しい! と感じることが出来るのは、ころりんで「今しかできない事」を充分にやらせてもらったからだと思っています。

勉強を教えている幼稚園に通っていた子のお母さんが、「学校つまらない。もう知っていることばかりだから」と言っていると聞きました。それを聞いて時間がもったいないな〜。幼稚園が学校に行く為の準備期間(先生の話を聞く態度や勉強、集団生活のルールを守るなど)になっているんだな、と感じました。

実際にころりんに入園させてみて感じた事…それは、

「子どもの今の育ち」を大切にしてくれる

「今、必要なもの、今しか出来ない事」を大切にしている事。

ころりんは一人ひとりの「心」に寄りそってくれ、ありのままを受け入れてくれました。

長男は、そのままの姿を受け入れてもらえた安心感が、「自己肯定感」として大きく育ち心の根っこの部分がしっかり育ちました。だから、小学校に立ち向かう強さを持っています。

何があっても絶対に乗り越えられる! と、私自身の心の根っこも、育ててもらった様に思います。それは、そのまま我が子に対しての気持ちにもつながっています。

うちの子ども、ころりんの子どもは、何があっても大丈夫!! そう感じています。

小学校は、集団行動、ルールを守る、勉強することがあたりまえに大前提にあります。だからこそ、一人ひとりの個性をそのままに受け入れ、伸ばす教育が、幼児期に必要だ、と思っています!!

ころりんは

自分を信じる力
人を信じる力
命の大切さ
仲間のすばらしさ
 思いやりも!

こういう
「生きる力」を
体当たりで
教えてくれる
所です!

転勤で、一般的な幼稚園から転園となり、知ったころりん。

「ころりんねぇ…よさそうだけど…」

毎日お弁当だし…預り保育はないし…英語や体操の課外授業はないし…遊ぶだけじゃ小学校は不安だし…と、たくさんの不安がありました。

でも!! はじめてころりんを見に行った時の直感『ここ、いい!! ここだっ!!』を信じてよかった!!

あの時、不安を吹きとばし、ころりんに決めた事が我が子達への最大のプレゼントだったと、ころりん歴4年目の今、心から思います。ぜひ一度、見学に来て子供達のキラキラした瞳、いっしょうけんめいな先生の姿をみてみて下さい!!

幼稚園のカラーではなく、ころりんには子供の数だけカラーがあるように思います。

先生たちは一人ひとりを大切に全てを受けとめてくれます。一人ひとりの気持ちをとっても大切にして、その気持ちに寄り添ってくれます。

思いやりの心は、沢山の優しい気持ちにふれて、自分が他者から思いやられることで育つと思います。言葉で教えるのではなく、感じることで優しい心が育つと信じてます。

ころりんでは『教育』よりも『共育』。教えるのではなく自分たちで考えるんです。幼児期、先生に言われたことをできるようになることよりも、人としての大切な土台作りがころりんにはあると信じてます。

母憧れのころりんにやっとはと(年中)から転園することができました。娘は入園後「ドキドキしちゃう」の緊張はすぐに消え、毎日ワクワクを発見し、4月中は「明日もころりんに行けるのか?」と帰りの車内で毎回確認してくるほどころりんの魅力にハマりました。

私は料理も運転も苦手なので、入園前はお弁当と送迎をこなせるのかが一番心配でした…。しかし始まってみたら娘が毎日心を満タンに楽しんでキラキラの瞳で帰宅するので、以前の近くてお給食の園よりもむしろ楽させていただいている気がします。

母がどんなに頑張っても決して与えられない「子供の時間」を先生方に見守られ安心してのびのびと満喫し、子供が子供同士で育ちあってくれる素敵な空間です。娘は「人生って楽しい!」って思える引きだしをどんどん増設中です!

◎いつも どんな時も 主役は子供たち

日常の保育でも、行事の時も 主役はいつだって子供たち。

子供たちの 子供たちの為の時間のため 多くの時間を割いて、先生たちは日々寄り添っていてくれています。

◎当たり前のようで当たり前でない日常

1日中泥んこ遊びに夢中になったり

読みたい本を読みたいだけ読んだり

自転車、縄跳び、お店屋さんごっこ etc.

次々と色んな遊びをしてみたり…

そんな風に遊び尽くしているころりん子たち…

やっぱり特別な時間を日々ころりんで味わせてもらっています。

その他にも…

少人数だからこそ年齢に関係なく名前を呼び合い一緒に遊ぶ。

家族のよう言葉では語れない奥深い場所です。

   
           
  ホーム 園長よりご挨拶 ころりんの理念 ころりんの一日  
  ころりんの四季 写真集 保育の広場 入園案内  
  ころりんQA お母さんたちの声 お問い合わせ アクセスマップ  
           
 Copyright(C) Kororin.All right reserved.