はと組 保育の広場

平成29年5月

1ヶ月前までは、何をしていても「ひよこちゃん〜可愛いね〜」と言ってもらっていた子どもたちも4月に入ると、「ころりん末っ子」の座をひよこちゃんに譲ることに… そして新ひよこちゃん20人の雰囲気に圧倒され気味… そんなはとさんをよそに、何もわからず、悪気なくはと組の部屋に遊びに来てくれて、誰のかわからず目の前の物を持って遊び出すひよこちゃん。でもそれがひよこちゃんの可愛さなんです! 「あ! それ自分の!」「ああー!…」となりつつも「も〜まったくひよこちゃんは〜」と言わんばかりにお兄さんお姉さんになっているはとさん。

そうだよね、自分たちがはとになって、ひよこちゃんが入ってきてくれるの楽しみにしてたもんね! ひよこ組の終わりの頃に

「はとになったら ひよこちゃんにころりんのこと教えてあげる!」
「困ってたら助ける!」

と気合い十分でした。(気合い十分なのは嬉しいけど無理しないでいいんだよ…)と思いながらその様子を見ていると、始業式の次の日でした。「おじゃましまーす!!」と勢いよくはと組の部屋に入ってくるなり大きな声で走り回っていたきじ組の男の子たちにA君が「うるさーい!!!」と一言。そしてきじ組さんも無言の退出…。

何だか笑ってしまうような微笑ましい光景でした。(きじさんごめんね! でも一緒に氷おにや どろけいをしてたくさん遊んでくれていたきじさんだからこそA君は言えたんだと思うんだ!) そうやって子どもたちはバランスを取っているんだなー、と。

いし

 Copyright(C) Kororin.All right reserved.