はと組 保育の広場

平成27年6月

<優しさの連鎖>

「川に行きたい!」と川が大好きなはとさん達。
はと組は川に降りるフェンスに一番近く、川に行きやすい絶好の場所だと聞きました。
帽子を被って、網、バケツ、虫カゴを持って、長靴を履いて、準備万端!!! いざ出発!
ころりんの裏の川は草が生い茂り、水もひんやり冷たく、石をひっくり返せばカニが出てきます。「わーカニだ!」と一匹見つければ「Cにもとって!!」「Dにも!」と大興奮です。虫が大好きなEくん。わからない虫が出てくるとみんなEくんに聞きます。

「あーそれはヤゴだねー」
「これは??」
Eくん「あーこれもヤゴだね!」

と得意気に教えてくれています。気が付けば完璧に準備していた網や虫カゴ、バケツなどそっちのけで夢中になって川に入り、素手で捕っています。虫とりが終わると今度は水かけごっこ。これも川の楽しさの一つ。頭から水をかぶる子も居れば、かける相手の後ろに隠れてしめしめと水をかける子……。川でたーっぷり遊んで、帰ろうと坂道を登り始め半分まで行ったところで、長靴に入った水でよれよれ……Fちゃんが転んでしまいました。わたしもぱっとFちゃんの腕を掴みましたが、転んでしまった事にびっくりしたFちゃんは大泣き。

「ころりんみたいにコロコロ転がったみたいで、すごかったねー!」

と必死にFちゃんを慰めるEくん。
しかし、心を落ち着かせようと涙が止まらないFちゃん。
それを見たBくん。頭をなでなで。何も言わず ぱっ と手を出し、手をつないでFちゃんが渡れる石を選び渡っては、後ろを向いてFちゃんが渡ったことを確認し、また一つ石を選んで渡り…そんな風にFちゃんをエスコートしながら、川を渡っていました。

また、ころりんに帰る最後の階段で

Hちゃん「怖いよ…」

とポツリ。するとIくん ぱっ と手を出し、こちらもエスコートしながら登っていました。優しいな、温かいな…そんな空気が流れながらみんなで無事はと組に帰りました。

みんなの着替えをしていたわたし。実は、川に行ったときFちゃんの手を掴んだとき少し肘を擦りむいてしまいました。
そんな小さなケガを見つけたJくん。

「みんなの事はいいよ! 絆創膏、貼ろう!」

と絆創膏を出し、肘にペタリと貼ってくれました。わたしにまで優しさのおすそ分け。涙が出そうなほど嬉しかったです。優しくされるって心が温かくなるなー、幸せだなー! そう感じました。

女の子達も誰かが泣いていると頭をなでなで、「どうしたの?」と声をかけたりします。

優しさって連鎖する。優しくされたから優しくしたいって気持ちが生まれると思います。優しい気持ちがあっても、それを表現することはそう簡単にできることではないですよね。
誰かに教えてもらうことではなく、お母様や家族のみな様から優しさをいっぱいもらい、自分で感じ、自分の意思で自然に優しくできちゃうって素敵だなー! すごいなー! かっこいいなー!!!

みなみ

 Copyright(C) Kororin.All right reserved.