6月の園だより

平成27年5月28日

緑濃きころりん村周辺から待ちに待ったホトトギスの声が聞こえる頃となりました。托卵と言ってウグイスなどの他の鳥の巣に産卵してその鳥に育てさせることで有名です。というわけでウグイスも近辺でよく鳴いています。私はこの何年か聞いているうちにホトトギスの声まねが可成り正確に出来る様になりました。御希望者にはお聞かせします。まあこういう環境の中にある幼児施設も全国的に見てそうはないであろうと思います。各クラスの様子については保育の広場を見て頂くのですが私が現在関わっているはと組(年中)の女の子のある日のころりん村らしいエピソードをお伝えします。

女の子のAちゃんが廊下に座ってシクシク泣いていました。「どうしたの?」と私カッパが声をかけますと「Bちゃんがあそんでくれないの」とまだシクシク。そこに同じはとの女の子のCちゃんがどこかで見ていたのでしょう、近付いて来るなり「わたしがあそんであげるからね」とやさしく声をかけてくれたのでした。これぞころりん村の子供の育ちであると実感し、感動したのでした。CちゃんはAちゃんの頭をなでなでしてもいました。

保護者会役員の方々も全て決まり有り難く思っています。様々な面でお世話になることと思います。よろしくお願い致します。勿論役員でない方々にも御協力頂くことがあると思います。よろしくお願い致します。園庭開放、入園説明会のためのポスターを各地、場所に貼って頂き有り難うございました。今後も口こみなどでころりん村のことを伝えて頂けるとうれしいです。

2015年 ころりん村幼児園
       園長 カッパ 肥後陸郎

 
 Copyright(C) Kororin.All right reserved.