きじ組 保育の広場

平成26年8月

みんなが待ちに待っていたお泊まり会も、お手伝いのお母様方はじめ、多くの皆様のご協力の下、無事に終えることができました。

お泊まり会明けの月曜日、みんなで思い出を絵に描きました。

も「どんなことしたっけ!!」と聞くと、堰を切ったように出てくる一泊二日の思い出たち。

子「サイクリングめっちゃ楽しかった!!」「冒険コースちょー面白かった!!」「プール(ジャブジャブ池)きもちよかった!!」……「全部楽しかった!!」「うんうん確かに!」「全部すっごい楽しかった!!!」「うんうん!」「本当 楽しかったよね!!」

顔を見合わせニッコニコの笑顔でお互いの話に相づちを打つ子どもたち。…「あーもう1回行きてえなぁ。もう1回ころりん止まりてぇ!!」この声を皮切りに「もう1回お泊まり会したーい!!」の大合唱!! …描いた絵は今までのどの製作よりも線が力強く、のびのびといきいきとしているように思いました。

……絵を描いたあと、部屋にまだ貼ってあった森林公園のMAPの前で、ジッとMAPを見つめながら座っていたAちゃん。お泊まり会について「楽しみ」とも「ドキドキ」とも言ってなかったAちゃん、当日も楽しそうな様子ではあったものの、Aちゃんの口からはまだお泊まり会についての感想は聞いていませんでした。…ジーッとMAPを見つめていたAちゃん、ニッコリうれしそうに笑ったあと、一言「A、もう一回行く」と。後にも先にもAちゃんの “お泊まり会についての感想” はこの一言のみ。でも、何よりうれしい一言でした。“楽しかった” “もう1回行きたい” これこそ げんきくんと私が、職員が聞きたかった何よりの言葉。

体いっぱい、心いっぱい一泊二日を楽しんだきじ組の子どもたち。見た目に大きな変化はなくとも、子どもたちの中で何かが変わったのを感じます。目に見える成長よりも大切なのは目には見えない成長。一泊二日を共にした仲間の中で、これから一人ひとりがまたどんな芽を出し枝をのばし花を咲かせてくれるのか、2学期、3学期がますます楽しみになりました。胸いっぱいの “楽しかった” がきっとずっとみんなを支えてくれるはず。みんなの心に楽しくて幸せな根っこが太く太くはられますように。

きじさん、本っっ当に楽しかったね!! もっともっと森林公園で遊びたかったなー!!! 時間が足りないよね!! あーもう1回行きたい!!! ね、みんな!!

もも

 Copyright(C) Kororin.All right reserved.