はと組 保育の広場

平成25年10月

2学期がスタートして何日か経った頃、子どもたちに運動会の話をしました。

そして翌週、早速紅白決めを行いました。旧ヤギ小屋前に集まり、赤白好きな方に分かれてみると白が人気。そのままオセロを実際にやってみるともちろん白の勝ち! 喜ぶ白組、悔しい赤組。

Aちゃん「白が多いから白が勝っちゃって、赤がかわいそう!」
Bくん「赤も白も同じ数にしよう!」

…この一言から全てが始まっていくのです。体験して考える。大切なのは、頭だけでなく、体と心で感じることなのです。

も「同じ数ってなんだろう??」
子「……」

しばらく沈黙の後、

「3人じゃない?」
「5人位かな?」

と議論は加熱し、

Cくん「じゃあさ、オセロを1人1枚ずつ持ってみて、赤と白と同じ数はいくつか数えてみよう!」

というCくんのアイディアから、はと組16名(1名欠席)を赤と白2つに同じ数で分けるには8人と8人だということが分かりました。

子「Cくん、いい考えするね〜!」

…こうして心と心がぐんぐんとつながっていくのです。

さて、お次は大引っ越し大会!

子「オレやっぱり赤にする〜♪」「私、白〜♪」と行っては戻り、戻っては行きの繰りかえし! 8と8に決まりかけてはまた引っ越しでふりだしへ…あぁ、なんて "はと" らしくて、なんて "はと" なんでしょう! 面白すぎるーと担任が笑えばみんなも大笑い! なのでした!

けれどもこの引っ越し大会が30分近くも続くとさすがに皆お疲れ顔。担任も「また明日にしようか」と言ってしまったのですが、なんと子どもたち「やだ! あきらめない!」ととびだしました!!! そしていつのまにか「あきらめない」の大合唱!! いつもハチャメチャ ギャング エイジのはとさんたちの心に "あきらめない" なんて言葉がもうちゃんと根っこをはっていたなんて!! あぁ、なんて "はと" なんだろう! と担任がジーンとくればみんなも真剣な顔!

も「よし、もももあきらめないよ! さぁどうする??」

と、とても良〜い雰囲気に、Dくん一言「さぁみんな水飲んでおいで〜!」と…

確かに暑くてのどはカラカラでしたが…
「やったー!! のんでこよ〜!!」
と水道にかけていく子どもたちの後ろ姿がやっぱりとっても "はと" なのでした。(笑)

ももでした。

 Copyright(C) Kororin.All right reserved.