7月園だより

平成24年7月

 


七月とは言え、まだ梅雨は続きますが、すでに始まった
プールは、梅雨の合間の晴れの日に何回か実施し、
きじ、はと、ひよこ組が各々に水を楽しんでいます。水とのたわむれと言って良いでしょう。

 
夏季保育を除いて今月の末に第一学期を終えることになりますが、幼児期の日々の成長ぶりには眼を見張るものがあります。

ひよこちゃんの何人かはいつの間にやら自転車に乗れるようになりました。保育者が無理やり乗れるようにしたわけではないところに意味があることを是非ご理解下さい。

ひよこ、はと、きじも各々に様々な体験を通して見事に心身を成長させています。大人の数か月と幼児の数か月は当然と言えば当然なのですが、あまりにも違います。

前園長の細谷勇太郎先生がしばしば口にしていた様に脱皮を繰り返す日々なのですね。
 
さてきじ組さんは、間もなくお泊り会です。一日自転車乗り他様々な体験をするわけですが、子供達にとっては、泊まることも含めて今までになかった初めての体験をする
ことによって大きく成長できると確信しています。

きじが本当にきじらしくなるという訳です。毎年私はその事を実感しています。お泊りが出来た自信に満ちた顔を見るのが楽しみです。

はと、ひよこさんはきじさんがお休みになって申し訳ないのですが、お楽しみ会があります、一日楽しめる様に職員一同で様々な工夫をします。
きじさんのいない、はと、ひよこの天下の日です。


2012年6月27日 ころりん村幼児園 園長 かっぱ 肥後陸郎
 

 
 Copyright(C) Kororin.All right reserved.